2010年7月 of homei

平成20年~24年
文部科学省スーパーサイエンスハイスクール指定校



Updated 2011.3.23

〒017-0813 秋田県大館市字金坂後6
TEL 0186-42-0002  FAX 0186-49-2044
地図はこちら

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

2010.7.22 img001.jpg

 ○6月 本校の同窓会は鳳鳴会といいますが、札幌から名古屋まで全国に16の地区鳳鳴会があります。6月は各地で総会が開かれ、そのいくつかに参加しました。東京や仙台では今春の卒業生がたくさん参加し、旧担任も交えて楽しく話すことができました。仕事や勉強にもなれて有意義な生活を送っているようです。先輩たちにも励ましていただきました。大学を卒業してすぐ鳳鳴に勤め7年間お世話になりましたが、その頃の生徒たちにもたくさん会うことができました。
いつも感じるのは、鳳鳴出身の人たちのたくましさ、エネルギー、不屈の魂、連帯の強さです。それぞれの方たちが全国で活躍していることをうれしく思いました。学校に対してもたくさんの激励をいただき、元気が出ました。
 ○7月3日(土)~4日(日) 最大の行事の一つ、鳳鳴祭です。初日は仮装行列で、出発直前に大雨が降り心配しましたが、幸い小降りになり、市内を練り歩くころには晴れて暑いぐらいでした。多くの方たちに喜んでいただきました。
2日目は校内公開です。各学級の趣向を凝らしたデコレーションやSSHの一環としての1年生のポスターセッションを見ていただきました。今年はお客さん参加型のデコが多く、盛り上がったと思います。
「元気よく呼び込んでたくさんの人に入ってもらえばいいね」と3年生に声をかけました。「もちろんですよ。がんばります」と元気な声でした。
この日は、学校評議員会も開かれました。校内の様子を見てもらい、その後で本校についてのご意見やご感想をいただきました。「生徒の様子や挨拶もしっかりしている。停滞気味なところも感じるので、さらに学校全体がステップアップしてほしい」とご助言をいただきました。始まる前は茶道部による甘いものとお茶、懇談時にはクッキング同好会からのクッキーのサービスがあり、評議員の先生たちに感謝されました。
 ○月初めからしばらくの間、3年生と面接する機会がありました。最近の調子、志望学部、大学でやりたいこと、弱点補強など、自由に話してもらいました。
「医学を勉強して地域の医療に力をそそぎたい」
「国々の文化の違いを比較研究したいと思います」
「経営の仕組みを勉強して、コンサルタントか公認会計士をめざしたい」
「弁護士か司法書士として人の役に立ちたいです」
「教育心理を勉強して子どもたちのためのカウンセラーになりたいと思っています」
一人一人が将来に向かって、今なすべきことを自覚し、懸命に努力している様子が感じられて、彼らを誇りに思いました。
「夏休みの積み重ねがとても大切です。バランス良く時間を使ってください」そう励ましました。
 ○20日 全国高等学校野球選手権秋田大会 18日に増田高校を破り、ベスト8をかけて鷹巣高校と対戦しました。思いがけない大量得点を許し、10-1で敗れました。応援団、生徒会、吹奏楽部、3年生全員という態勢で精一杯の応援をしました。負けましたが、選手たちは懸命にがんばりました。1、2年生で新しいチームを作り、またがんばってほしいと思います。

  高橋 充

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|

milk_btn_next.png